スタッフ紹介|グレ(クロ)釣りなら 【ウキ工房 TSURIGIN】へ

TSURIGIN
よっちゃN
FIELD TESTER
吉野 裕也

 1980年生まれ
 横浜市在住

FISHING TEAM KASHIRA 代表

2010年に初めて 竿 を持って以来
神奈川三浦半島の地磯で練習をした後
茅ヶ崎で沖磯デビュー。

初のトーナメント参戦は見事惨敗。

トーナメントの楽しさに目覚めたころに
偶然、長崎西海橋の釣具店の店主の
紹介で、松岡ウキの代表と知り合う。

松岡氏の釣技を目の当たりにして、即弟子入り。松岡代表から数回の磯上がりで指導を
受ける。遠方のために、SNSを屈指して。

2015年GFG関東地区予選で優勝。
翌2016年5月に開催された
GFG杯争奪戦全日本大会に参戦。

見事、初出場・初優勝(個人・団体とも)

ブログ:アメ車釣り師の釣り日記 
http://ameblo.jp/mastung/entry-12164029558.html
FaceBook
具志堅
TSURIGIN
FIELD TESTER
具志堅 隆行

1980年生まれ
豊見城市在住

沖縄釣りさぁー部 部員
TSURIGIN 琉球 技術顧問

フカセ釣り歴20数年
そのころから全層釣法を得意としていました。
日頃は、沖縄県の各漁港・沖防・沖磯をフィールドにお魚さんと闘いを楽しんでいます。

数年前に、松岡ウキと出会いフカセ釣りの概念が一変してしまいました。
この概念を自分のスタイルに確立出来、
それに伴って釣果も確実に伸ばせています。

松岡ウキは使い方一つでどんな状況にも柔軟に
対応できるすばらしいウキだと断言できます。
狙った魚の口元に違和感なく付け餌を運べるウキ
それが松岡ウキです。
フカセ釣りをされる方全ての方に沖縄から
その感動をお届したいと思っています。

FaceBook
ともくん
TSURIGIN 
FIELD ADVISER
友利 逸樹

1985年生まれ
那覇市在住

沖縄釣りさぁー部  部長
TSURIGIN 琉球 会長

那覇市の若狭バースを拠点に県内各地に
魚を求めて遠征につぐ遠征。

沖縄にグレもいるにはいますが、釣れるポイント数自体も少ないので、
ターゲットは、
  チヌ・トカジャー・ブチャーなど
ぐれとは違って強烈な引きを楽しめます。

釣りさぁー部顧問具志堅さんと出会って
沈めるメソッドを習得。

その時に使われていた松岡ウキに惚れ込んでしまいました。
本年5月に松岡さんから直接指導を仰ぐ意味で、福岡に遠征。
松岡流と具志堅流を織り交ぜて
日々腕を磨いています。

facebook 上で 釣りさぁー部を開設して、
”沖縄の魚、釣り、海をもっと魅力的に”
を合言葉に活動をこれからも積極的に
行っていきます。

TSURIGIN琉球を立ち上げ
松岡ウキの愛好者との交流、実釣会を
通していろんなトーナメント上位入賞を
目指して精力的に・積極的に活動中。

FaceBook
釣りさぁー部
TSURIGIN琉球
内田さん
アドバイザー就任
(2016年9月1日就任)
内田 知宏です。

1967年生まれ
長崎県時津町在住
洋食 Kichen Coral オーナーシェフ

釣り歴25年 地元長崎に帰郷をきっかけに、
フカセ釣りに魅了されて現在に至る。

ホームグラウンドは西海橋及び崎戸大橋の地磯。
時には、五島列島に遠征し、
クロ・尾長をターゲットに釣行。

松岡ウキは、西海橋村上釣具店店主から
勧められたのがきっかけです。

「こんなでかいウキで本当につれるのか?」
と半信半疑で購入。

実際に使ってみると釣れるーーーーとばい。

毎週、食材の仕入れを兼ねて大好きな釣りに勤しんでいます。

特にこのウキの良さを感じたのは、
五島列島で、50cm前後の尾長の強烈な
アタリで体感ショックを味わえたことです。

このウキを使えば使うほど、バリエーションが広がり
、棚に関係なく柔軟に対応でき、素晴らしさが、
実感できます。

皆様も、ぜひ松岡ウキを使って体感してみて下さい。
仕掛けも簡単ですし、使いやすい最高のウキです。

長崎においでの際には、ぜひ我が店においで下さい。
釣り談義をしませんか?

合言葉は ”た”
まんちゃん
TSURIGIN  総務

戸 満夫
1950年生まれ
平成26年9月に松岡さんに連れられて
若松の一文字の波戸に連れて行かれたのが
フカセ釣りにのめりこむ第一の要因。
なんと、チヌが釣れたもんで、狂ってしまいました。
暇を見つけては、松岡さんを引っ張り出して、
釣り三昧。徐々に釣り師の顔になってきたと
思ってる今日この頃。
釣りって楽しいですよ。
皆さんも一緒に釣りに行きましょう。

FaceBook

このページの先頭に戻る